かなじゃーなる

趣味のゲームという全くためにならないことと海外暮らしに纏わる情報というためになるかもしれない情報を書き綴った諸刃の剣の雑記ブログ

【World of Warcraft】スキルの外見や見た目を変えられるグリフを買ってカスタマイズを楽しもう

今日はグリフと言うワールドオブウォークラフトのアイテムについて紹介してみたいと思います。

グリフとは見た目などを変えられるオシャレ部類に属するアイテムで、存在を知らない人が多く、オークションハウスでもそこそこ値段の高いグリフもあったりとあまり需要がありません。

ウォーロックでは連れている悪魔の見た目を変えたり、スキルの見た目や色をちょっと変えたりできるアイテムなのでより自分のキャラクター好みのアイテムを使ってカスタマイズを楽しむことができます!

グリフで見た目を変えてみよう

今回モデルになっていただくのデーモンハンターという職業です。

彼らはFelという悪魔の力を取り入れて半身悪魔半身エルフの人達なので、背中から羽が生えます。

もともとの羽はこういう見た目です。

f:id:raulabox:20200122184852j:plain

AHで購入

では早速この羽の見た目を変えてみましょう!

最寄りのオークションハウスへと向かい、左側のタブのグリフ→デーモンハンター→右上のサーチボタンを押してみましょう。

f:id:raulabox:20200122185114j:plain
8.3からオークションハウスのシステムと見た目が一新されたため探しやすくなってます。

今回のグリフはGlygh of Fallow Wingというものを購入してみました。所持金足りてないのは気にしない。

AHからメールで届くのでメールを開封してアイテムをもらい、使う(クリックする)とスキルブックが開いてGlideのアイコンが光ってるのでGlideをクリックするとグリフが適用されます。

解りやすく言うと、グリフは見た目を追加したいスキルに使います。

f:id:raulabox:20200122185217j:plain

Glyph of Fallow Wingの見た目はこんな感じです。

あんまり使ってる人見かけない気がします。という訳で自分流の見た目カスタマイズをグリフで楽しみましょう。

グリフはInscriptionというプロフェッションで作れます

最近はWoWを始めて2か月ですという人や、1年以上やってても知らなかったひとがいるみたいなので紹介しておきますが、グリフはInscriptionというプロフェッションで作ることができます。

f:id:raulabox:20200122185750j:plain

レシピのファームは簡単なほうです。

他のグリフの見た目を紹介

すこし他のクラスのグリフを紹介してみます。

グリフはスペック別に適用できるものがあるので気を付けて買ってください。プリーストがdisc用で使いたくて買ったらholy用だったなんてことがありませんように。

プリースト(Holy用)

Glyph of Angels

f:id:raulabox:20200122190424j:plain

ヒールスキル(フラッシュヒール、ヒール)を使うと背中に一瞬だけ天使の羽が生えます。

Glyph of Inspired Hymn

f:id:raulabox:20200122190838j:plain

ホーリープリーストのレイドクールダウンスキル、Divine Hymnを詠唱中に大きな金色の羽を頭の上に召喚します。

Glyph of the Val'kyr

f:id:raulabox:20200122191036j:plain

ヒールスペックのプリーストは一度死んだらスピリットヒーラーになり、このスピリットヒーラー中はまだキャストができるので2回目死ぬまでもっさりヒールをします。

このスピリットヒーラーの見た目がヴァルキリーになるグリフです。

あとがき

ということで今回はグリフについてでした。

見た目のカスタマイズがあまりできないという風に知られているWoWですが最近はモデルも改善されてきていて、こういったグリフを使うことで自分のキャラクターをより自分の好みにカスタマイズできるという魅力もあります。

WoW楽しいよ!