かなじゃーなる

趣味のゲームという全くためにならないことと海外暮らしに纏わる情報というためになるかもしれない情報を書き綴った諸刃の剣の雑記ブログ

【スウェーデン】冬に役立ったおすすめのグッズ!【家が寒い人におすすめ】

こんにちは!

今日はスウェーデンの冬に欠かせない3つの品を紹介したいと思います。

これは個人的な意見なので、すべての人と共通しているというわけではないことをご理解ください。

カシミヤのセーター

北欧暮らしの冬ではセーターが欠かせません!カシミヤでなくともウールのセーターでもいいです。
「穴が開いてしまったし洗濯したら縮んだ」という理由でカシミヤのセーターその他セーター類頂いてしまいました。

スウェーデンの家では断熱材が使われているので外の空気が直に影響することはあまりありません。そして窓も基本的に2枚構造なのでしっかり外の気温を遮断してくれます。

それでも外の気温が10℃~-8℃にまで及ぶスウェーデン。暖房なしでも室内の温度は15℃前後になってしまいます。

寒い家の中やら、外に長時間外出するときにいいのがセーター☆

すぐにぬくぬくできるし、おすすめです。街のマンションやアパートだったらセントラルヒーターが効いていてむしろ部屋の中はTシャツで過ごすという人が多いので、外出時だけセーターをパット着て出かけるという人が結構多いです。

もともとセーターは毛玉がすごくなるのが嫌で着ない派だったんですが、毛糸の暖かさを実感してしまうとやばいですね…!

雪の中を2時間ほど彷徨っても結構暖かかったです…!

カシミヤでいいものなので、穴が開いててもダーニングをして長く着てます。

私のお直ししたセーターはいまこんな感じ。

f:id:raulabox:20200502235357j:plain

f:id:raulabox:20200502235417j:plain

カシミヤでなくてもいいと思いますが、カシミヤだと結構毛玉発生率が少なく、何シーズンも活躍してくれます。 3000円くらいのウールと何かが混じったやつを毎年買うのも別にいいと思うし、1万円超えのセーターを何シーズンも着るのもいいと思います。 一番いいのは素材100%のものだと毛玉がそんなにできにくい気がするので、毛玉が気になる人は素材100%のものを買うといいかも。

室内用スリッパ

室内用スリッパがあると快適です!

マンションに住んでるなら床もそんなに冷たくないかと思いますが、田舎の一軒屋住まいの私たちの家では基本的に床は冷たいのでスリッパを履くかマットが必須になってきます。

前から室内用スリッパ愛用派だったのですが、スウェーデンに来てからなかなかお手頃な値段で使い心地の良いスリッパをなかなか見つけることができませんでした。

今回購入したのはシェパードというブランドのスリッパが値下げされてるということでペアで購入☆

f:id:raulabox:20200503000004j:plain

足が冷たくならないのはとても助かる~!

しかしシェパードの内側がもこもこ仕様なので、いつも頼む靴のサイズだと最初は窮屈に感じるかもしれません。履いてるうちに足に馴染んできてピッタリになってくると思います。

私の方は大分色褪せてきてしまいましたが、大切に履いています!

絨毯やマット

バスルーム、トイレは基本的によく換気する場所であったり、床が冷たいという場合があったりします。

そこで重宝するのがマット。

IKEAで買った安いマットとかでいいのです。結構これで床からの寒さが遮断されてイイ感じになります。

冬用カーテン

寒い空気が侵入してくるのは窓やドア、扉からです。

こちらでは冬になってくると、厚手の生地のカーテンを取り付けます。ドアの前にもカーテンを取り付けることで、ドアからの侵入もシャットアウトします。

なのでドアのところにカーテンレールを付ける家があります。

賃貸なのでカーテンレールとかつけれないという場合だと画びょうのように壁に刺せるピンフック系をドアのサイドにつけて、ワイヤーとかでカーテンを吊るというこちらで見つけたとてもいいアイデアもおすすめです。

f:id:raulabox:20200502233830j:plain

写真では窓枠に直にフックが埋め込まれてますが、これを壁にピンでとめればいいと思います。

あとがき

というわけでもうそろそろ寒い時期はおしまいですが、いまだ気温10℃前後のスウェーデン。

これらのものはまだまだ我が家で活躍しています。

「家が寒くてどうにもならん!」って言う人のお役に立てればなぁと思います。