かなじゃーなる

趣味のボードゲームやワールドオブウォークラフトのことと海外暮らしに纏わる情報を発信するブログ

動画編集にフィモーラ(Filmora 9)を使ってみたらすごい簡単に編集できた

こんにちは!

最近動画編集にハマってます!

昔はCGを勉強していたので、アドビ製品(AE、プレミア、フォトショ、イラレ)は大体使えるくらいのスキルはついているんですが、学校を卒業して全然関係ない仕事に就いたためいじっていませんでした。

約10年ほどのブランクになります。

ということでフィモーラの良いところをご紹介!

フィモーラの概要

Filmora 動画編集(フィモーラ・どうがへんしゅう)は、ソフトウェアメーカー・Wondershare(ワンダーシェアー)が開発・販売している初心者から中級者向け動画編集ソフトウェア。日本語版は2012年からWondershare日本語公式サイトにて販売開始。2015年11月より、「動画編集 プロ」から「Filmora」へ改名。 ーwikipeiaより引用

【Filmora公式サイト】 Wondershare Filmora9(フィモーラ9) - 簡単かつ高機能な動画編集・動画作成ソフト

動画編集ソフトブランドで、種類がいくつかあります。

  • Filmora 9  (個人用やフリーランスで使う用)
  • Filmora 9 x Wedding (結婚式のムービーにぴったり)
  • Filmora Pro (映画などの編集会社などで使う用)
  • Filmstocks (AEとFilmoraのエフェクトパック販売)
  • Filmora Scrn (スクリーンキャプチャ)
  • Filmora Go (スマホで動画編集)

などがあるようです。

フィモーラのいいところ

ここでは使ってみた使用感を元にいいところを挙げていきます。

直観的使えるユーザーインターフェースと簡単に操作できる操作性がイイ!

f:id:raulabox:20190926233057p:plain

フィモーラのユーザーインターフェースはどことなくAdobeのプレミアを彷彿とさせるものがあり、使ったことがある人なら特にチュートリアルなしでもどんどん使えます。

チュートリアルやテクニックなどもYoutubeなどを見ればすぐに出てきたりして、使い方も簡単です。

ユーザーインターフェースもすべて日本語がとてもいいところだったりします。

操作をいろいろ試してから購入できる!

フィモーラではダウンロード自体は無料です。

そのためいろいろ使ってみてから購入することが可能です。

Adobe製品とは違って、最初に支払情報などを登録する必要がなく課金されることに心配しなくてもいいようになってます。

また〇日間無料という制限もないので、自分の編集ペースに合わせて使ってみてから購入できます。

私の古PCでも結構サクサク動く

私のPCは最近あまりお金に余裕がないためアップグレードできていません。

ということで以下が現在のPCスペック。

  • Windows 10 64bit
  • Intel(R) Core (TM) i7 CPU 960 @ 3.20GHz (8 CPUs), 3.2GHz
  • 14336 MB RAM
  • AMD Rdeon (TM) R9 390 Series
  • 15331 MB

ちなみにフィモーラの動作環境はこちら

しかしいろいろエフェクトやら字幕やらたくさん入れていくとやはり重くなっていきます。

いきなりプツッっと落ちることもあります。

(細目の保存はクリエイターの癖として残っていたので、全消去は避けられました。)

しかしバックアップ機能などもあって、落ちてもそこから回復した状態で復帰してくれたりします。

優秀!!!

フィモーラのデメリット

以下は私が思ったデメリットを挙げてみます。

無料版だと出力時にロゴが入っちゃう

動画を編集したら、出力して一本のムービーとして仕上げることが必須です。

無料版だとプロファイルにウォーターマークというのが入っているらしく、出力時にフィモーラのロゴがでかでかと載せた上で出力されてしまいます。

ロゴを消す方法は、プランの購入が必要になります。

プランはどうしたらいいのか

2019年9月現在私が調べた結果を書いておきます。

フィモーラの購入プランは大きく分けて3つあります。

  • 個人プラン
  • ビジネスプラン
  • 学生/教員プラン

個人プランは個人として使う用、ビジネスプランは仕事で使う用、学生プランは学校の教材編集や課題などで使うプランです。

Youtuberなどでどこまでが商用利用でどこからが商用利用じゃないというところがグレーゾーンでかなり人によって考え方が変わってきてしまうようです。

私が調べた結果では、個人のYoutubeブランドではフィモーラは個人用プラン可、他の人のために動画を編集してお金をもらって納品するフリーランス作業はビジネスプラン、会社やブランド用でアップロードする動画編集に使う場合はビジネスプラン、個人のYoutubeブランドで企業(例.〇ジテックや〇vidia)とコラボで動画を編集する場合はビジネスプランなのかなと思いました。

今後一切有名企業とコラボする気がないのであれば個人用プランでOKだと思います!

有名になって有名企業とコラボするのであれば、その機会にAdobeのプレミアやFilmora Pro、ビジネスプランに乗り換えるのもアリだと思います。

私はまだ購入を決めていないのですが、個人プランでは使えるエフェクトなどが著作権の関係でビジネスプランでは使えないものもあるようです。

ちなみに参考にさせていただいたのはこちら。

あとがき

ということで今日は動画編集ソフト、フィモーラ9無料版を使用してみての感想をいろいろ挙げてみました。

ということでこれから動画編集を始めてみたい、動画編集経験はないけどやってみたいという人にフィモーラはなかなかおすすめです!