かなじゃーなる

趣味のゲームのことと海外暮らしに纏わる情報を発信するブログ

【スウェーデン】外国暮らしが長くなってきて日本のラーメン屋さんが恋しくなったら行きたいストックホルムの「とてもラーメン」!

こんにちは!

今日はストックホルムに行ってきたときに訪れた「とてもラーメン」というラーメン屋さんをご紹介したいと思います。

とてもラーメン

https://www.krogguiden.se/upload/images/image_3822.jpg

とてもラーメンは、ストックホルムにある小さなラーメン屋さんです。

イメージとしては小道にある中華料理屋さんみたいな小ささで、席は大体中と外を合わせて20席くらいと思われます。

カウンターでラーメンを食べてさっさと店を出る日本人には全然問題ない大きさですが、ゆっくり食べてゆっくり食後を過ごしたい欧米人にはちょっと小さすぎるくらいの大きさです。

日本のラーメン屋さんと同じく、お水はセルフサービスで水のボトルが置いてあったり、お好みで入れられるゴマの容器があったりと、こちらのレストラン(ヨーロッパ系)とはちょっと違った雰囲気で懐かしい。

こちらのレストランではセルフの場合もすべてウェイターやウェイトレスさんに持ってきてもらう癖がついてる気がして、セルフのほうが楽でいいです。

メニュー

ラーメンメニューは4種類のみです。残念ながら餃子はありません。餃子の皮売ってないし、皮から毎日作るのめんどくさいよね。

スウェーデンではヴィーガンメニューがあることはとても大切な要素なのでラーメンにもヴィーガンものがありました。

  • 東京ラーメン(しょうゆ) 
  • にぼしラーメン(しょうゆ) 
  • スパイシーラーメン(みそ) 
  • ヴィーガンスパイシーラーメン(みそ) 

トッピングのメニューは以下でした。

トッピングは追加しなかったんですが、一つ、一切れにつきこの値段だと思います。

  • 麺大盛 
  • 追加煮卵 
  • 温泉卵 
  • 追加チャーシュー 

ドリンクメニューはこちら。

  • ゆずジュース 
  • ペールエール 
  • ジンジャレーラ(ジンジャーエール) 
  • カルマコーラ 
  • 炭酸水 

開店時間

このとてもラーメンは、開店時間がとても短いようなのでちゃんと時間を確かめて行きましょう。

月曜日から日曜日まで毎日開店していますが、開店時間は午前11時から午後3時までです。

とてもラーメンの感想

このとてもラーメンはストックホルムでかなりいい評判のラーメン屋さんの一つです。

お店の内装が高いカウンター+スツール+小さいお店という感じなので、中華屋さんというよりかはカフェっぽい雰囲気が漂います。

しかしラーメン屋さんのため長居はできません。

私はスパイシーラーメン(みそ)をいただきました!若干二日酔いだったため、しょうゆよりも塩味がつよいものが食べたかったので。

f:id:raulabox:20190824210527j:plain
連れから投げ入れられた海苔が入った私のスパイシーラーメン

このスパイシーみそラーメンはチャーシュー、ゴマ、刻みネギ、もやし、紅しょうがが入っています。煮卵トッピングを追加しました。

味噌ラーメンに紅ショウガが入ってる組み合わせが「?」と思いもしましたが、スウェーデン人は日本の紅ショウガや生姜の漬物が好きな人が多いみたいなので、そのせいかなと思いました。

個人的には紅ショウガはとんこつに入れたいものだから好んで入れるものではないけど、投入されてくるため食べます。

スパイシーというだけあって、ラー油のようなものが使われています。
そして紅ショウガが下の方に落ちるためスープを飲み干すときに紅ショウガが参戦してくるのですが、スープの辛さ+紅ショウガの辛さで結構辛く感じました。
スパイシーだけど我慢できないくらい辛いものではないため、スープもしっかり飲み干し、完食!!

トッピングは普通の煮卵だったんですが、スパイシー系ならトッピングに温泉卵を選んでちょっとマイルドにさせるのもイイかなとおもいました。今度行ったときはそうしたいと思います。

あ、煮卵はしっかり染みてるし半熟だし、結構気を使ってるのがわかりました。

私はラーメンはみそ派なんですが、私が満足できるくらいの美味しさでした。

ここはスウェーデンということを忘れない

yelpという海外のレストランレビューサイトや、トリップアドバイザーでも高いレートなので多くの人に気に入れられているラーメン屋さんです。

トリップアドバイザーでは日本人からのなかなか手厳しい意見もありましたが、ここはスウェーデン。
ホットドッグやサンドイッチで30~50kr取られる世界で、外食をするとき腹の膨れるものを食べるなら基本的に120kr以上取られるのを忘れない方がいいです。

スウェーデンという国のラーメンのため、熱々で出したら低評価にまみれることでしょう。こちらの人は基本的に猫舌で日本のラーメンは熱すぎるくらいなのです。

日本のカレーライスが日本人の舌に馴染むのに改変されたのと同じく、スウェーデンにある料理のほとんどがスウェーデン人の舌に馴染むように改変されています。

スウェーデンの料理は塩気が足りない状態で出されると未完成品を提供しているという感じになってしまうので塩味が強めです。

それに、太平洋の資源豊かな海にある日本とは違い、鰹もなければ海藻も美味しくない海のそばにあるスウェーデンは旨味というものに馴染みがありません。

そのため、「コクがない」、「塩気が多すぎ」、「ぬるい」といった日本の最前線のラーメンと比べられ、さらに北欧の外食の「高い」ということもあってそんなに高い評価が見られませんでした。

こちらで暮らす生活が長いと、200kr払ってそんなに美味しくなく自分で作った方がおいしいものにお金を払うのが当たり前な世界で、150krでこれだけのものを食べれたら合格だと思っています。

自家製麺+自家製チャーシュー+自家製スープでラーメン作って、スウェーデンでは80~60krとかで売ってたら即潰れると思います😢人件費、テナント代で売れば売るほど、オープンしてたら赤字になるビジネスになっちゃうよ!

あとがき

▼とてもラーメンのウェブサイトはこちら

Totemo Ramen | Stockholm

スウェーデンでこれだけできたら上出来!という感じで私だったら満点評価あげちゃいますが、私が優しすぎるのでしょうか。

またしばらく経ったら行きたい気もしますが、ストックホルムに行ったときは違うラーメンやさんに行ってみたいと思います。