かなじゃーなる

趣味のことと海外暮らしに纏わる情報を発信するブログ

出不精肯定派の私が理由やメリットなど解説してみる

f:id:raulabox:20190428222855j:plain
Photo by Joseph Albanese on Unsplash

声を大にして言えることのほどでもないですが、私は出不精です。

引きこもりと言われるとそうかもしれません。

日本に住んでた頃から出不精です。

暇な日や仕事のない日はできるだけ家にいたい。

そんな私のパートナーも出不精です。スーパーに行くのも嫌がるくらい。「じゃあ夕ご飯ないけど?」っていうとやっと出かけます。

何故出不精になるのか?私の場合はこんな理由!

車酔いが激しい

私は子供のころから車酔いが激しいです。電車や自転車では酔わないので関東に住んでた時は率先して使ってました。

たまに猛烈に車で旅行に行きたくなるんだけど、車にのって「イェーイ!」したいだけで実際車の中では気分が悪くなりテンションガタ落ちというのがほとんどです。

スウェーデンに来てからは運転免許をもってないので誰かに運転して連れて行ってもらうか、バスで移動になります。

いやー、私はスウェーデンのバス通ってほぼ100%酔いますね!!

ホント、語学学校行くのもつらくなるくらい。通学1時間半、道路状況が悪いと2時間車に乗りっぱなし。

学校着いたらフラフラ。友達と元気に話せる気分じゃないんです。

結果お家で勉強できる通信制に移りました。教材はオンラインだからわからなかったところは何度もリピートできるし、実際にクラスで受ける授業とは違って自分のペースで勉強できてよかったと思っています。

そして自家用車でも悉く酔います。しゃべる相手がいるとあまり酔わないんですけどね。

なぜか車では超酔うけど、ほかは全然酔わないです。船は車より軽く酔い、電車、自転車、3Dだと酔いません。3D酔いってなによ?

コミュ障?

昔はめちゃめちゃシャイでしたが、今は別の意味でシャイですかね。

共通する話題がないので、話に入るということにシャイになってしまっています。共通する話題がないとあまり話が続かないんですよね。

例えば経済とか経営の話されても、「ふーんそうなんだ」ってなってあまり話が広がらない。

私もつまらないし、きっと相手もこの人つまらないな、関心なさそうだなと思ってると思う。

大人数のワイワイが苦手

私は大人数のパーティとかクラブは苦手です。昔はよく行ってたけど最近はやけに虚しさしか感じない。

そういうところに身を置くと、大人数の中でも一人になっていて露骨に自分が寂しい人みたいな感じがして惨めな気分になってきてしまいます。

人柄なんですかね。

大人数よりは少人数5~6人とかで全員がお互いにコミュケーション取れる人数くらいがちょうどいいです。

ゲームが好き

今の時代は昔と違ってお友達を読んで家でみんなでゲームをするというより、ゲームをしているだけでそのゲームをしているほかのプレイヤーと仲良くなって楽しめちゃったりする。

SNSというツールもたくさん増えて、募集とかもかけやすくなっている。

いまのアラサーアラフォーはきっとスーファミやプレステで青春を謳歌した人たちがそれなりにいるんじゃないでしょうか。

いろんな種類のゲームの普及や、VCツール、配信の普及のおかげで家にいながら誰かとコミュニケーションとれるようになっちゃってるんですよね。

家でゲームしてると、自分も楽しいし、お金を使わなくていいし、友達とコミュニケーションできるから別に外にでていかなくてもいいかなってなる。

家が好き

私はおうちが大好きです。子供のころからお母さんの買い物行ってくる時間はお留守番していました。

外に出ると知らない人の視線とか、気にしないでいいことを気にしたりするちょっと気にしすぎなほうのタイプです。

なので外に出るととても疲れてしまいます。

あまり直しようがない癖なので、そんなことを気にしなくてもいいおうちは私にとってとても居心地がいい場所です。

そんな居心地がいい場所から何故出たがらせるのか?なぜストレスを溜めさせようとするのか?

家から出そうとする人の気が知れません。

出不精を改善するべき?

出不精のレベルにもよると思います。

出不精になってくると、あまり自分の見た目に気を使わなくなってくるのでそこらへんが見極めだと思います。

衛生的な出不精はOKだが不潔な出不精は要改善

出かけないけど、ある程度自分や身の回りを清潔に保てる人は全然問題ないと思います。

出かけないのでお風呂もシャワーも浴びないし、汚らしいものに囲まれて生活をするレベルの出不精の人は改善するべきだと思います。

楽しみ方はひとそれぞれ

いまはhuluやNetflixなどインターネットがあれば家で映画なども楽しめるし、家で楽しめるということも増えてきているので外に出ないことを悪いとすることはそういう人たちの楽しみの在り方を否定することになります。

出不精側からすると、楽しみ方は人それぞれだし、他人の人生だしそこまで言われたくないというのが本音。

出不精のメリット

出不精のメリットを見ていきましょう!

お金をあまり使わない

出かけることが少なくなることで、外食などの出費や移動費に使わなくちゃいけないお金も格段に減ります。

出かけると絶対コンビニで飲み物買って、移動費使って、友達とご飯食べて、カラオケしてってどんどんお金を使っていきます。

たまにならいいけど、毎日とか週に何回もやってるとまとまったお金が飛んで行ってしまいます。

こっちは公衆トイレやデパートのトイレとか有料だったりするし、外食は高いので結構きつい…!

外食っておやつ程度のもので300円~600円、ランチとかしっかりしたものは1000円~2000円くらいかかるんですよ。

お腹すいたときに気軽にコンビニでおにぎり買って100円で済ませられる日本の社会ってすごいわ…!!

あまり病気にかからない

外に出ないので、風邪をうつされたり流行りの病気(インフルエンザや日本では話題の麻疹とか)にかからないのがいいですね。

もしも出不精で何かにかかってたら、その環境がちょっと劣悪ということで自業自得…。

出不精でもいい。何か好きなことをみつけよう

出不精の何が悪いんでしょう?誰かに迷惑をかけてるわけではありません。

出不精を直したいと思うなら、何か熱中できる好きなことを見つけてみましょう。

映画鑑賞でも音楽鑑賞でもいいし、自分の好きなものから連想させてみましょう。

コーヒーが好きなら、コーヒーがおいしい喫茶店をみつけるとか、家でおいしいコーヒーが淹れられる環境にしてみたりとか。

それだけで出不精のことなんて気にしなくてもいいくらい熱中すればいいのです。

あとがき

よく「引きこもって…」とか「ずーっと家にいて何やってるの?」というふうにこちらがあまりいい印象を持てない言い方をされるときがあるんですけど、「あんたの暮らしに関係あるの?」とぶった切ってやりたくなります。

そういう人たちは私を心配してくれている人たちなのでそういう言い方はしないんですけど、家にいるなりに楽しみ方を心得ているのでそんな心配は無用ですよというのが本音。

私の場合はいまの環境(外食高い+ド田舎住まい)や自分の性質(車酔い+おうちが大好き+インターネットやゲームが好き)も兼ねて出不精になっています。

関東に住んでた頃はもっと定期的に友達と遊びにいったり、仕事帰りにストレス発散を兼ねて遊びに行ったりしていたのでもうちょっとソフト出不精だった気がします。

私は出不精だと認識していますが、出不精が悪いとも、出不精を直したいとも思っていません。

解決策は、環境を変えたり、自分の性質を変えることだと思います。

しかし環境を変えるというのはかなりハードルが高くまとまったお金がいるし、車酔いを直したり、外に出かけるのが好きになるように頑張らないといけないってことですよね。

たぶん家にいる時間が長ければ、外に出かけたくなりたくなるようになると思うし、自分を変えるというのは他人に促されてやるよりも自分で自分を変えたいと思ったときに一番効果が出るものだと思います。

ということで、本人が一番わかってるのでそっとしたり暖かく見守ってあげるのが一番だと思います。