かなじゃーなる

趣味のことと海外暮らしに纏わる情報を発信するブログ

【World of Warcraft】DPSのすゝめ:DPS初心者でも上手くなれるおすすめツールを紹介!

最近WoWではRaidは当たり前ですがミシックダンジョンというものがPVE界隈で大変にぎわっております。

しかしミシックでもかなり上のレベルになるとしっかりDPSを出していかなくてはいけません。

最近は私の所属しているギルドでもWoWを新しくプレイし始めた新人さんなども続々加入しています。

ということで今日はDPSのシュミレーションなどの取り扱いなどを説明していきたいと思います。

Bloodmallet

bloodmallet.com

BloodmalletはDPSのアゼライトトレイトやトリンケットをまとめてくれているサイトです。

チェックしたいスペックを選んで、アゼライトトレイトのパフォーマンスやトリンケットのパフォーマンスを比べてくれています。

もしどのアゼライトトレイトがいいのか全然わからないという場合、なるべく上にある名前の物を使っておけばDPSは出るでしょう。

アゼライトトレイトはスタックした場合の性能、トリンケットはilvl別で性能を表示してくれています。

Raidbots

RaidbotはRaidなどでのPVEシーンでのDPSを最適化するために使われるツールです。

どのタレントがいいのか、どのスタッツを積めばいいのかといった質問に計算で答えてくれます。

www.raidbots.com

はじめに

これはDPSというダメージディーラーに関してのことなのでタンクDPSやヒールDPS、HPSについては当てはまらないことを注記しておきたいと思います。

画像ではタンクスペックでやってしまっていますが、やり方を説明するだけなので

またこれを書いてる人はMythicレイドをやっているわけでもなければWoWのプロゲーマーでもないので、「このクラスは何がいいの?」と聞かれてもわかりませんのでよろしくね。

必要なもの

まずはRaidbotsを使うために必要なAddonがあります。

まずはTwitchのアプリから以下のWoWのModをダウンロードしましょう。

  • Simulationcraft

  • Pawn

Stats Weightの出し方

1.Simulationcraftを使ってデータをコピーする

まずはSimulationcraftがAddonリストでチェックをついていることを確認してください。

つぎはシミュレーションをしたいキャラクターでログインしてインゲームチャットで /simCと入力します。ギルドチャットでもパーティチャットでも構いません。

Enterを押すと勝手にこういう小窓がインゲームで出てきます。

f:id:raulabox:20190404014411j:plain

この窓で書いてあるものをCtrl+Cでコピーします。

RaidbotsではArmoryからデータを持ってきて計算もできますが、いちいち選ぶ手間がかかるのでSimulationcraftを入れるのがおすすめです。

2.Raidbotsでシュミレーションする

まずは上記の作業でコピーしたものをRaidbotsのウェブサイトに行って貼り付けます…が!

まず選ばなきゃいけないのがスタッツを計算したいのかタレントを計算したいのか、またはどのギアが一番バッグの中で一番いいものなのかという何を計算したいのかというところを選びます

f:id:raulabox:20190404010335j:plain

初心者の方でまずやった方がいいのは一番簡単なStat weightsでしょう。

Stats weightを何回かやってRaidbotsの操作に慣れたら、ギアやタレントの計算をするのがおすすめ。

ではStats weightを選んだとして先に進みます

Stats weightを選ぶと以下のような画面になります

f:id:raulabox:20190404010631j:plain

画像で見える箇所にSimCのデータをコピーペーストします。

下の設定項目はレイドやダンジョンでのボス数、戦闘時間などを計算に加えることができます。

BoDのレイドでは大体1ボスたまに2ボスなので1~2で、レイドは大体1ボスにつき6~8分くらいの戦闘時間になるのでそれを設定に入力します。

いろいろ設定が終了したらGenerate stat weightsというボタンを押すと計算が始まります。

待ち時間は日によって変わります。リセットがある火曜日(NAサーバー)、水曜日(EUサーバー)はかなりの人で混んでいるので時間がかかります。

プレミアムに申し込むと待たないですぐに計算してくれるそうなので、待つのが嫌な人はプレミアムに申し込むのも検討に入れてください。

計算したストリングをPawnを使ってインポートする

計算が終わると以下のように表示されます。

f:id:raulabox:20190404013705j:plain

下の方にある矢印のところのPawn Stringというセクションをコピーします。

Copy to clipboardというボタンを押せば一発コピーできて楽ちんですね。

次はWoWのゲーム内に戻ります。

ゲーム内のAddonでPawnにチェックが入ってることを確認してください。

デフォルトではCを押すとキャラクターのステータスウインドウが表示されます。

Pawnが入ってると右下にPawnボタンが表示されます。

f:id:raulabox:20190408204557j:plain

そのPawnボタンを押すとPawnの詳細設定ができる小窓がでてきます

f:id:raulabox:20190408205822j:plain

まずは一番下のScaleというタブを選んでからその画面内のManualというボタンをクリックします。

そしてインポートボタンを押します

f:id:raulabox:20190408210017j:plain

インポートボタンを押すとさらにこんな小窓がでてきます。

f:id:raulabox:20190408210128j:plain

そこにRaidbotsなどでコピーしてきたストリングを貼ります

すると、ゲーム内でどのギアが自分に合ったものなのか、さらに詳しく表示してくれるようになります。

ギアの上にカーソルを置くと、「自分の名前 +3%UP」などと表示してくれるようになります。

このPawnのオリジナルのScaleは一般的な指針という範囲なのでRaidやM+を目指してやる場合はかなり怪しい範囲になるので、自分で自分のScaleを計算してギアを調整していく必要があります。

「こんなのいらないww」なんて自分でいろいろ判断できる玄人ならやる必要はありませんが、DPSを始めたばかりの人達にはある程度の指針になるのでやった方が間違ったものを着て励む可能性は低くなります。

このPawnではどっちがいいかという比較もやってくれます。

たとえばivl410の手と、ilvl400のソケット付きがどっちがいいかとか、こっちのトリンケット3種類はどれとどれがいいのかなど。

ギア比較はRaidbotsでもやってくれますが結果が出るまで時間がかかるのが難点で、raidやM+などで誰か欲しい人がいたりしてパっと計算したいときにおすすめです。

ギアやタレント比較

ギアやタレントの比較も/SimCでコピーしてきたものを貼るところは同じです。

ですがもうちょっと高度な感じでこの装備でこのタレントを比較してほしいという感じになります。

使い方を簡単に説明

上で言った通り/simCを使ってデータをインゲームから持ってくるか、Armoryからデータを引き出してください。

すると自分にセットされているタレントが表示されます。

f:id:raulabox:20190408222106j:plain

次にDUPLICATE TALENT SETを押して、比較したいタレントセットを作成します。

私の場合は大体2つのタレントセットを比較します。

ひとつはいま自分が使っているタレントと全く同じものと、もう一つは自分が考えてたタレントセットを作って比較します。

タレントセットを作りおわえたら、ボスファイト時間とボスの数を設定してシュミレーションを開始します。

あとがき

今日はDPS初心者のひとのためにDPSをどうやってシュミレーションするかというのを紹介してみました。

初心者の方のために書いてみたので、何か間違っているところがあったらすみません。

私もLegionのころはヒールばっかりで、DPSはWoDから触り始めたけど、全く謎でした。

BFAに入ってから初めて本格的にDPSをし始めて、なんとかギルドのレイドで上から5位くらいになるまでになりました。

DPSを始めたばかりのころはわからないことだらけでDPSが出ないのは当然です。

DPSはどこまで効率的にコンボポイント等のリソースを使っていけるか+タレントやパッシブ効果を組み合わせていけるかが肝なので、どうローテションを回すか自分で考えてその方法DPSが出た場合はとてもうれしいです。

コツはしっかりスキルブックやタレントを読みつくすことです。

タレントをサイト通りにするだけならだれでもできるのでそこまでの人になってしまします。

今はいろいろツールがあってゲームがとても進めやすいようになってきたので、こういったツールをどんどん使って上達していってほしいと思います。