かなじゃーなる

見たこと聞いたこと体験したことを綴る雑記ブログ

なぜ話がズレるのか?

f:id:raulabox:20190220065049j:plain
Photo by rawpixel on Unsplash

話し合いの時に論点がズレていき、議題の解決策も改善案も提案されなくてイライラしたことがあります。

そこでなんで論点がズレるのか考えてみました。



論点がズレる理由

話をちゃんと聞いてない

話す方の説明の仕方にもよると思うのですが、何が問題だったのかという問題起点が分かっていないパターン。

もう一回説明のし直し、言い換えなどが必要になってくるので周りの人もちょっとストレスになると思います。

人によっては何でちゃんと聞いてないの?って怒ってくる人もいるし。

本人の理解力の問題なのか、話す側の説明の仕方の問題なのか難しいところもありますが、こういう人は何回も話を突き詰めていかないと理解できないのでやっかいです。

話を誤理解している、間違った受け止め方をしている

意見を出してくるときというのは大概不満や改善を求める声がほとんどです。

人間って不思議なもので、満足しているときはなにも言わないのに、不満になると突然心の声が外に飛び出してきます。

そういった不満の声を受け止めるとき、慣れていないと不満の声が出たっていうだけで不満になってしまいます。

そして自分たちに対して不満を抱かれているなど間違った不満の声の受け止め方をしてしまうのです。

不満の声といっても悪口とはまた別で、変えれば状況が改善されることも見込まれているので不満を聞き入れる耳は持っていた方がいいと思います。

こういった人も論点が違うということを言い聞かせなければいけないので、説明をしっかりしていかないといけないのでまた厄介です。

説明する側にとっては負担でしかありません。

責められていると勘違いして自己防衛にでる

話し合いの論点をずらすひとでこういう人が一番やっかいです。

言い訳や、可哀そうな自分を演じだしたりして話し合いを止めてしまうのです。

こういう人は感情が高まってしまっていて、自分が何を言ってるのかわかってなかったり、手負いのトラ並みにあらゆる人に対して攻撃してしまいます。

話し合いのメンバーは誰も悪くないのにごめんと言わせる状況に勝手に持っていったりします。

こうなるともう話し合いは終えざるをえないです。

またはこの人を抜いて話し合った方がいいという感じにもなってしまいます。

感情が高まると数週間引きずったりするので、そう簡単に話し合いにも戻れません。

またこういうことをしてしまうと、そんな風に反応する人というレッテルを貼られて話し合いには呼ばれなくなってしまうかもしれません。

話し合いをするときにいてほしくないメンバーです。

自分の話をしたがる

承認欲求が満たされていないひとなのか、ストレスが溜まっているひとなのか、話がつまらないのかは謎ですが、自分の話に持っていきたがります。

論点は客観的に見てこうしたらいいんじゃない?っていうのにも、主観的な意見を持ち出してきます。

客観的視点から見れない、他人の気持ちを汲み取れない、ほかの人の意見を聞き入れられない典型的なタイプなので、こういう人と自分が相談にのってほしい話をするのはやめたほうがいいです。

話がズレることの何が問題なの?

話がズレてもいい内容のものはそのままズレにズレても構わないです。

しかし改善や対策が必要な場合は話がズレると修正するのに時間がかかるし、説明のし直しで労力もかかります。

話がズレて論点を放ったらかしにするとどうなるのか。

論点を放ったらかしにすると、そういった出てきた意見も丸無視することになります。

お門違いな意見だったら無視されて当たり前かもしれないけど、まともに考えられた意見を無視すると意見を出した側からも不満が募ります。

その不満すらも放置すると…

  1. 話しても無駄なので話をするということがなくなり、その場所から離れる(例.離職)といった結果を生みだす。

  2. 信頼関係がなくなる

といったネガティブな結果にもなりえます。

まとめ

大人同士の話し合いなら常にコミュニケーションを冷静に取り合える状況であるのが理想です。

しかし心身状態によっては頭に血が上りやすかったり、間違った風に捉えてしまって喧嘩みたいな状況に陥ったりする場合があります。

そういった理由から話がズレにズレて、別に喧嘩するつもりもなかったのに勝手に違う方向に話を持ってかれて怒られる方はたまったものではありません。

あとこういう意見が出たよっていうのを言っても話し合う人たちは何の興味もなかったりして、変化や解決、改善を望んでいない場合があります。

こうなると話す意味すらないので、もうやる気がなくなっちゃいますね。

大人なんだから話せるときはきちんと話し合いたいと思った私でした。