かなじゃーなる

見たこと聞いたこと体験したことを綴る雑記ブログ

移住時におすすめの持ち物4選

こんにちは!

今日は海外に移住するときに持ってきてよかったなぁと思ったものと持ってくればよかったなぁと思ったものを紹介したいと思います。



持ってきてよかったなぁというもの

日本のコンセントタイプの電源タップ

変換コンセントを多めに持ってこなかったため、電源タップを用意するという方法にしました。

一年以上スウェーデンで日本の電源タップを使用していますが特に問題なく使用できています。

電源ON/OFFのスイッチがついていて差込口がたくさんある高価なタイプではなく、安価なタイプの特に余計な機能がついてなく差込口も3~4個程度といったシンプルな電源タップのほうです。

短期の海外旅行でも変換コンセントだけもっていくとなると、充電器のケーブルだけしかコードの長さがないためベッドでゴロゴロしながら携帯見ながら充電できないという経験がいくつかあったため、短期旅行でも電源タップはなにかと必要になるとおもいます。

ぶっちゃけ100均品でもOKというか100均品推奨。

比較的高価なスイッチ付きのタップについてる耐電等の機能は日本で使うときのために作られている機能なので、海外で使うと問題が起こったりする場合があるようです。

hitoritabi.net

デジタル旅行用はかり

移住するときに結構荷物をスーツケースに詰め込んでくると思います。

そこでネックなのが重さ。

私もスーツケースに持ち物をたくさん詰め込んできました。

そのとき使用した飛行機会社のスーツケースの許容MAX重量が21キロぐらいだったとおもいます。

しかしとりあえずで詰め込んだスーツケースは25キロくらいになっていて、こういうときに使いたい空港の量りがほかの人が使っていて使えなかったり使用不可で使えなかったりと不測の事態があるものです。

こういうときに使える個人の量りは結構重宝します。



移住後でも旅行の時に使えるので一つは持ってると便利ですよ!

常備薬







移住すると慣れない薬や見知らぬパッケージばかりで薬を買うこと自体が億劫になってしまいますよね。

なので慣れるまでは日本から持ってくるのがおすすめです。

重要なところはそういった常備薬の成分はなにかということを知っておくこと。

成分がわかれば薬局でなにを買えばいいのかわかります!

パートナーが頭痛がするといったときにあいにく頭痛薬を切らしていて、日本から持ってきたイブをあげたときがあります。

普段頭痛薬を飲んで効かないというパートナーが、このイブは効いたということで「なに入ってるの?」と聞かれて「イブプロフェンだよ!」答えたところ、スウェーデンの薬局ではイブプロフェンを買ってくるようになりました。

イブじゃ効かないという体質の方もいるようなので、自分の体質に合わせて常備薬は用意してくださいね!

持ってくればよかったなぁと後悔したもの

変換コンセント

変換コンセントは持ってきていたのですが、パソコンやらiphoneの充電器やらと日本のコンセントのタイプのものは気づかないほど意外とたくさん身の回りにあるものです。

私は海外のどこに行っても対応できる以下のような変換器をひとつ持っています。



この変換器は短期海外旅行などではものすごく重宝しますが、長期的な面では一個のマルチタイプしかもっていないとその部分がネックになってきます。

なので海外移住するというときはこっちのタイプの変換器がおすすめです。



私のパートナーはスウェーデン人ですが、日本で数年一緒に暮らしていました。なので彼も日本のコンセントタイプの電気機器を持っています。

こっちのタイプの変換器は2個ほど持ってきていたのですが、私がいくらか貸してあげると私の使う分がなくなってしまうのでした(笑)

しかも使うのがノートパソコンとかだと頻繁に使用するのでしょっちゅう使っていることになってしまいます。

スウェーデンではCタイプのコンセントなのでCタイプを例に紹介しましたが、ほかの移住先だとこういった簡易タイプの変換コンセントを多めにもってくることをおすすめしまっす!

日本のコンセントタイプの電気製品を多めに所有している人は持ってきた方がいいですが、持ってないならいらないんですけどね。。

まとめ

今回は私が最近思いつくものをまとめました。

またなにかあれば記事にしたいと思います!

終わりっ!