かなじゃーなる

趣味のボードゲームやワールドオブウォークラフトのことと海外暮らしに纏わる情報を発信するブログ

パスポートを外国(スウェーデン)で更新するときに必要なものをまとめてみたよ

私のパスポートがあと3か月ほどで切れてしまいます。10年ってあっという間ですね!
現在居住許可をもらってスウェーデンに長期滞在中なのでスウェーデンで更新するべく、更新にあたって必要なものや手順を大使館に問い合わせて聞いてみたので記事にまとめてみたいと思います!

スウェーデンでパスポートを更新するときに必要なもの

f:id:raulabox:20181013201127j:plain
Photo by Jeremy Dorrough on Unsplash

  • パスポート

  • 更新手続きの書類

  • 写真

  • 居住許可ビザを持っている人は居住許可カード




パスポートと更新手続きの書類

パスポートは紛失してない限り持っているので大丈夫でしょう。

更新手続き書類は大使館ウェブサイトからダウンロードして事前に記入できるものと、印刷ができない環境であれば大使館で書類を用意してあるそうです。

写真

写真は細かい規格や指示があり、詳しくは大使館ウェブサイトで確認してみましょう。

居住許可カード

居住許可カードは居住許可が降りた人は持ってるものなので問題ないと思います。

大使館に問い合わせた質問について

更新手続きをするにあたって、大使館で時間を予約する必要がありますか?

ー予約の必要はないそうです!

必要なものがすべてそろっていたら大使館に行って書類を提出するだけだそうです!

パスポートは更新時に回収されて新しいものを発行されるので、外国に旅行に行く直前にやらないようにしましょうね。

更新料金は如何ほどですか?

ー 1230krという回答を頂きました!(2018年10月現在の為替による価格)

日本で10年パスポートだと1万4~6千円という答えが出てきたので、これは10年パスポートの価格をスウェーデンクローナに替えたものだと推測しておきます。

支払い方法は現金での支払いのみということで、カード社会のスウェーデンも大使館内までは通用しなかったようです。
また支払いはパスポート受取時に支払うということで、更新手続きの書類を提出したときに詳しく職員さんから説明があるようですので安心しておきましょう。

写真ってどこで撮れますか?

スウェーデン人の人たちはパスポートを作る時に警察か写真スタジオで写真を撮ってもらうというのを聞いてそれを大使館の人に問い合わせてみました。

ー警察でパスポート用写真を撮ってもらえるのはスウェーデン人のみだそうです!!

ということでじゃあ私たちはどこで写真撮ればいいの?という質問が上がってくるんですが、やはり個人経営の街の写真スタジオか、駅構内やショッピングモールに設置してある写真スタジオ機械の4.5㎝×3㎝の4枚綴りの写真の規格であれば可ということでした。

その他注意事項

日本領事館と大使館

パスポートを更新するには日本大使館ではなく日本領事館で行うのですが、スウェーデンの場合日本大使館と領事館が併設しています。

大使館の場所に領事館も一緒にくっついてきてるので安心です。

他の国では領事館と大使館が全然違う場所にあるという場合もあるみたいなので、領事館と大使館の場所を事前に調べておくことをお勧めします。

戸籍謄本または抄本

更新手続きをするときに、戸籍に変更がある場合は直近6か月以内に印刷された戸籍謄本が必要になります。

または紛失した場合も戸籍謄本が必要になります。

戸籍に変更がない場合は戸籍謄本の必要がありません。(姓名に変更がない場合)

手続きの書類に本籍を書く場所があったりと、普段あまり使わない住所を書く必要があるのでコピーなどを持って行くと良いと思います。

まとめ

パスポートは期限が残り1年になったら更新手続き可なんですが、仕事やら勉強やらといろいろ齷齪してるうちに残り期限が3か月となってしまいました。

時間があるときにめんどくさがらずやっておきましょうねー!