かなじゃーなる

見たこと聞いたこと体験したことを綴る雑記ブログ

【台北】象山に行ってみた

象山からみる台北の夜景は台北一なので絶対行った方がいいと言われたので行ってみました。 夜景を見にいくので朝は洗濯したり近場でお昼ご飯買ってきたりと、ゆっくり過ごしてから午後に象山に向かってみました。

象山への行き方

f:id:raulabox:20180903211405j:plain

私の宿の最寄り駅はMRT圓山駅です。そのMRT線(赤い線)に乗って路線地図では右側の台北駅方面の終点、象山駅まで向かいます。

ちなみにMRT線の電車内では飲み物、食べものを食べるのは禁止。

食べたり飲んだりしてるところを駅員さんや警備員さんに発見された場合は、良心的な電車運賃に見合わぬ馬鹿高い罰金を請求される場合もあるらしいので気を付けましょう! f:id:raulabox:20180903211415j:plain MRT線では切符ではなくトークンが券売機から出てきます。

これを入口側の改札にはタッチパネルがついてるのでそこにトークンをタッチして入り、出るときは硬貨を投入できる場所が改札の出口側にあるのでそこにトークンを投入すると出れます

象山駅についてからはサイン象山って書いてあるサインを見て適当に外に出ました。駅前には広場があり象山駅方面に向かう標識を発見。 f:id:raulabox:20180903211428j:plain

標識が指す方面に向かって歩くこと10分前後で象山入口に到着。来た道には艶やかな色の建物があったり、していきなり小さい山道が現れました。 f:id:raulabox:20180903211530j:plain

夜景を見ることしか考えてなかったので山に登るとか全然考えてなかった私ですが、山道が石の階段なのでずっと階段を上っていく感じ。

リズムにのって無心に上って行けばなんとか行けますが、膝に問題がある方などはちょっとおすすめできません。

熊野古道を彷彿とさせる石畳階段でしたがこっちは本物の階段でしかも急斜面とけっこうきついです。

f:id:raulabox:20180903211543j:plain

テラスというかバルコニーというかそんな感じの場所があるのでそこが写真を撮るのにベストスポットらしいです。 ベストスポットだけに三脚使ってデジタル一眼レフで写真撮ってるおじさんがたくさんいます。 テラスには三脚でスタンバってる人がたくさんいたのでテラスの脇で日の入り前から待って私も夜景の写真を撮ることにしました。

f:id:raulabox:20180903211748j:plain

日の入りを待っている間に友達ができた

日が落ちるまのを待っていたら、近くにいた女の子に話しかけられた。

私が一人でいるのを見てちょっと話しかけようか迷っていたらしい。 フィリピンから一人で弾丸旅行で来ているそうで、明日は九份に行く予定で、数日後には帰るそう。

日が落ちてからはちょっと肌寒かったので早めに切り上げてせっかくなので一緒にご飯を食べることにしました。 台北101に向かって、フードコートで適当にご飯を買って食べ、ご飯の後はデザートを一緒に食べて語り合いました。

なんで台湾に来たのかとか、なんで一人で旅してるのかとか、おひとり様同士なので気兼ねなくお喋りできましたよ。 せっかくなので連絡先を交換して宿に帰ることにしました。

まとめ

  • 3月ごろは日が落ちると肌寒いので軽い防寒着を持ってくのがおすすめ。
  • 写真ベスポジには三脚おじさんがいるぞ。
  • 象山の石階段は息が上がるのを覚悟していけ。
  • 象山駅から象山まで行く自信がなかったらカップルなどについていくとたどり着ける。