かなじゃーなる

見たこと聞いたこと体験したことを綴る雑記ブログ

【伊勢】初めて熊野古道に行ってみたよ

ユメビトハウスで一泊した私たちですが、この日初めて熊野古道に行く行き方を調べました。調べてみると電車の本数がかなり少なく、朝早め(といっても仕事へ行くのに起きる時間と同じくらい)起きて熊野古道へ出発し、2泊目もユメビトハウスで泊まる予定だったので早めに伊勢へ戻るという形を取りました。 いきあたりばったりで行動してきた私はこの日自分の情報不足さを恨むのでした…。

調べた結果、伊勢から近い熊野古道の一つ、馬越峠に行くことになりました。

熊野古道

熊野古道は全長170kmに及ぶ熊野三山(熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社)通じる参詣道の総称。主に5つの道があり、紀伊路、小辺路、中辺路、大辺路、伊勢路を指す。 昔、熊野の地では岩や滝などに神が宿るとする自然信仰が生まれ、平安時代、白河上皇の熊野御幸が行われたのを機に貴族の間で熊野詣が流行し、江戸時代には庶民の間にもひろがりました。今日までたくさんの人々歩んできたその道のりは、2004年にユネスコの世界遺産に登録されたそうです。

馬越峠に向けて出発

というわけで当日7時ごろに起きて支度をし、私たちはセブンイレブンに寄って朝ごはんを調達し、伊勢市駅に向かいました。 時間があったので、買ったご飯をもぐもぐしながら電車を待つ私。 SUICA、PASMOは使えました。

f:id:raulabox:20180903215626j:plain

2両しかない電車でえっちらおっちらJR相賀駅に到着。しかしかなり遠かったらしく、気づいたら昼頃になっていました。

道の駅「海山」というところまで歩いて行って、高速道路にあるサービスエリアのような食堂やらお土産屋さんがあるところだったのでそこで腹ごしらえをしてから、馬越峠へ向かいました。

f:id:raulabox:20180903215709j:plain 馬越峠の入り口はこんな感じ。

何もない道路の脇にいきなり現れた熊野古道馬越峠の入り口。 一人で盛り上がってしまった私はわくわくしながらYちゃんと共に歩き始めました。

全く甘くなかった熊野古道

全然下調べをせずに行ったので、私は当日動きやすい服とスニーカー程度の服装だったんです。 甘かったのは私たちの方だった!! 最初は少しお喋りしながら歩いていたんですが、ものの10分で息が上がりだす私。 仕事は体力系だったので体力には自信があったんですが、なかったのは持久力。

歩き始めて30分くらいたつと、もうお喋りもせず無言で歩き続ける私達。

f:id:raulabox:20180903215754j:plain

こんな感じで写真はでは意外と平たんな道に見えるんですが、岩畳の間には結構隙間があり、一つ先の岩は結構高さが上がっていて、軽い登山またはハイキング並みでした。

お散歩感覚で来ていた私たち的にはかなりしんどかったです(苦笑) 峠というくらいだから登山やハイキングと言ってもおかしくないと思います。

道中、後ろから来たおじさんやおばさんに追い抜かれ、前方からは子連れのお母さんが散歩のように軽い足取りで歩いていきました。

峠の半分くらいまで来たところで山頂を目指すコースにするか、下山し始めるコースを取るか決めなければいけませんでした。

もう少し早く到着してるか、もう少し登山ペースが早ければ山頂を目指すこともできたんでしょうが、帰りの電車を逃すわけにはいかなかったので私たちはそのまま下山コースに向かうことになりました。

この熊野古道で有名なおじさん(?)に会った

下山し始めたところで、後ろからきたおじさんに話しかけられました。

歩きながら話しを聞いていると、おじさんはこの馬越峠の付近に住んでいて毎日この馬越峠を登っているそうです。 ちょうど山頂まで行った後、下山道中私たちに追いついたそうで毎日この峠でいろんな人に会って峠のおすすめスポットを教えたり、道中困っている人を助けたりしているそうな。

テレビにも紹介されたことがあるそうで、嬉しそうに話してました。 名前は忘れてしまったんですが有名だそうなのでググったらでてくるんじゃないでしょうか。 私たちもこのおじさんにおすすめスポットを案内してもらうことになりました。

ポスターにも使われている熊野古道のスポットを紹介してもらったり f:id:raulabox:20180903215913j:plain

ガイドがいなかったら普通に通り過ぎてる小さな鳥居のある滝のそばの神社とか f:id:raulabox:20180903220002j:plain

建物の2階から3階までの高さに相当しそうな大きな一枚岩のある場所などを教えて頂きました! f:id:raulabox:20180903220113j:plain

下山して、普通の住宅街の風景になってくると、おじさんが駅の方面と駅までの道のりにあるとおすすめの神社を教えてくれました。 おじさんにお礼を言って、教えてもらった方面に向かいつつ、神社に行ってみることになりました。

尾鷲神社に寄ったよ

この神社は尾鷲神社というそうで主祭神は彼の有名な武速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)だそうです。 最近それにまつわる本読んだわ!!

f:id:raulabox:20180903220257j:plain

神社の敷地内には大きな楠があり、樹齢は1000年以上とされているそう。夫婦楠と呼ばれていて、雌楠の瘤こぶに触ると跡取り(男子)が授かるという言い伝えがあるご神木だそうです!

私たちが境内を見てまわってる間におじさんがお参りしてました。 おじさんはお酒をお供えしてました。

たくさん歩いたので疲れていた私たちは駅まで行って電車の時間を確認して、近場のイオンモールで休憩をとることにしました。 疲れてるのでアイスがおいしい。でもかなり冷房が効いていてさむい。

伊勢に帰還したあとで

この日は疲れていたのでユメビトハウスでの夕飯会はパスすることにしました。 そしてこの疲れを癒しに銭湯に行って、翌日に備えることにしました。

翌日はいよいよ東南アジアに出発する日…! ワクワクするけど台湾行く前にやらなければいけないことや心配なことがたくさん…!

  1. 初めて関空から海外に行くので空港までの行き方がよくわからない
  2. 空港に到着した後で一応海外旅行保険カウンターで保険に入って何が起きても安心なようにしておきたい
  3. チェックインカウンターを探し出す
  4. バッグの重さを量って調整する

短い時間の中でしなければいけないミッションがたくさんあります。 わぁドキドキ。

熊野古道の個人的なまとめ

  • 熊野古道舐めてた
  • 登山、ハイキングに慣れてない人はトレッキングシューズのような滑りにくく足を痛めにくい靴で行くと尚よし。藻が生えてたり岩は濡れてる箇所が多いのでスニーカーだと滑りやすい。
  • 馬越峠はすごく神秘的だった
  • 持久力なさすぎた
  • もうちょっと時間とスケジュールに余裕を持って行くべし
  • ユメビトハウスから熊野古道は結構離れてるよん