かなじゃーなる

見たこと聞いたこと体験したことを綴る雑記ブログ

【ベトナム旅行】初ハノイの感想を総合的にまとめてみた

台湾の旅を終え、お次はベトナムハノイに向かいます。
(旅行したのは2017年4月の話)

ハノイを旅行した感想やら写真を載せていきますよ!

Hanoiは忙しい街

f:id:raulabox:20181016213437j:plain ハノイの総合的な感想としてはとても”忙しい”という印象でした。
信号もないのに事故らずブイブイ運転していくドライバーと、その横を歩いていく観光客や道路を横切る地元の人たち。

最初はビビりすぎて道路を渡るのも大変でしたが、2日ほど街をぶらぶらしてると慣れてくるもんでビビらず道路を渡るようになってきます。

南国の雰囲気と東洋の文化が混ざる面白い地域

f:id:raulabox:20181016213721j:plain
ベトナムは中国に隣接していてお寺やら仏教やらとても馴染みのあるものがたくさん見られます。なんだか台湾にものすごく近いものを感じます。

ちなみに東南アジアの寺院やお寺ではとても厳しく、あまり露出した服装をしている女性は立ち入りを拒否されます
ここで露出というのは胸の谷間やデコルテラインを出してたり、丈が太ももまでの短い半ズボンを履くなどのことを指します。

正しいタクシーを選ぶ

ハノイではバイタクシーやタクシーなどいろいろな移動手段があり、事前に調べてみるとぼったくりにあったという情報をたくさん聞きました

旅行用バッグを持っていると、周りのバイクのお兄ちゃんたちがやたらと声かけてきて自分のバイクにのせてお金をもらおうしてきます。
こういうお兄ちゃんにたかられたくない場合はちゃんと目を見て「No, thank you!」と言ってあとは無視というか興味のない素振りをしましょう。

私が利用したタクシーはマイリンタクシーという緑色の車体が目印のタクシー会社です。
ちゃんとメーターもついていて信頼できました!
しかし支払いが現金ということで、あんまり小さい額のお金やお札で返せないお金はちゃんとおつりをだしてくれないので、おつり=チップみたいな気構えをしておくといいのかもしれません。

まとめ

初めてのハノイでは特に問題もなく、平和に過ごせました!
やっぱり事前準備や事前に情報を集めておくのは大事です!
先に旅行をして失敗したことやこういうことがあったというストーリーを共有してくれた先人たちに感謝です!

日本という慣れた社会を飛び出して、他の国へ行ってみると日本では体験できないことがたくさんあります。
日本でちゃんとおつりをだしてくれることは当たり前だし、お寺や神社で服装のせいで立ち入りを拒否されるということはないです。
平和ボケした日本の社会ではありえないことが起こったりするので日常的な危機管理能力やら自己管理能力が試されるような気がします。
仮にそういうことが起こっても郷に入っては郷に従えという言葉があるように、他の国に来て日本と同様の質や対応を期待している方が間違っているのかもしれません。